BANDO DESIGN LAB.

校章原点回帰の意匠

校章原点回帰の意匠

校章原点回帰の意匠

校章原点回帰の意匠

校章原点回帰の意匠

国見小学校校章デザイン

date:
2009
category:
vi

福島県最北端に位置する福島県国見町の町内5つの小学校を統合し、「国見町立国見小学校」が開校することにあたり、新しい学校の校章及び校名ロゴのVIを作成。(くにみ)の文字を繋げつつ、可読性と統合を意識。校章デザインには町のシンボルである桃の花のほか、町の美しさを表す稲穂、若葉等をからめ、伝統的な校章の意匠モチーフとの親和性も計った。古来より植物柄や唐草模様には生命力や躍動感、重力に逆らって上へ伸びる力強さの象徴という意味がある。国見町のシンボル桃の花のように「しなやかで強く育ってほしい」という願いを込めてデザイン。校旗は京都・西陣で制作された。校門の表札文字「国見町立国見小学校」にはオリジナルのタイポグラフィを制作。

client:
福島県教育委員会

Art direction & Design Keiichi BANDO

back to projects list