BANDO DESIGN LAB.

桜モチーフの由来

桜モチーフの由来

桜モチーフの由来

桜モチーフの由来

宮川小学校

School Emblem

date:
2010
category:
vi

全国各地の校章のリサーチを重ねることで見えてきた事実、歴史的に桜をモチーフとした校章は多数散見される。5枚の花びらを持つ桜。古来中国では数字の「五」には、木・火・土・金・水の五行思想を象徴する意味があり、また五臓、肝・心・脾・肺・腎(五臓六腑)や、五感、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚。五穀豊穣で知られる五穀、稲・麦・粟・黍・豆には穀物が豊かに実ることを願う前向きな意味が込められており、どれも「5」が重要なキーワードになっている。「宮小」の「小」は、漢字要素の縦棒3本の角度調整により「川」にも見せる工夫があり、正式名称である宮川小を2文字に簡略化することでメッセージ性を強めた。平成の世にあえて桜をモチーフにすることで、小細工なしの王道感が表現できればとの想いを込めた。

client:
かみのやま市教育委員会

Art direction & Design Keiichi BANDO

back to projects list